【西日本豪雨】16万戸断水続く…浄水場被害深刻、復旧見通せず 

産経ニュース / 2018年7月15日 22時37分

西日本豪雨では各地の水道事業者の給水機能がストップし、12府県で一時、最大で27万戸近くが断水し、今も計16万戸以上で断水が続く。愛媛県では、隣接する山の斜面が崩落して施設が埋没して復旧を断念。広島県では病院が節水を余儀なくされ、必要最小限の治療にとどまる。被災地の水不足は、連日の酷暑に追い打ちをかけられるように、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング