奈良・王寺町の石綿訴訟 原告の一部と和解

産経ニュース / 2018年12月19日 10時7分

奈良県王寺町のニチアス王寺工場でアスベスト(石綿)による健康被害を受けたとして、元従業員と遺族の計11人が国に損害賠償を求めた訴訟で、うち6人の和解が18日、奈良地裁(島岡大雄裁判長)で成立した。国が計4290万円を支払う。和解したのは死亡した元従業員3人の遺族ら。原告側の代理人弁護士によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング