大阪維新の会は12日、大阪市内で所属議員らを集めた全体会議を開いた。松井一郎代表(大阪府知事)は、大阪市を廃止して特別区に再編する大阪都構想について「背骨の公約で、何としても守り抜く」と強調。都構想の賛否を問う住民投票を実現するため、今後の対応を執行部に一任することを求め、了承された。都構想をめぐっては、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング