「仕事をクビになる」 飲酒事故隠しの航空管制官を書類送検 大阪府警

産経ニュース / 2019年1月17日 19時32分

大阪(伊丹)空港の航空管制官の男(55)が、飲酒運転で物損事故を起こしたにもかかわらず内縁の妻(37)に身代わりをさせたとされる事件で、大阪府警交通捜査課は17日、男を道交法違反(酒気帯び運転など)と犯人隠避教唆の疑いで書類送検した。同課によると、男は容疑を認め、「仕事をクビになると考えた」と供述。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング