強気一転、深々と謝罪 竹山氏「最後は自分で判断」 堺市

産経ニュース / 2019年4月22日 21時52分

「資金管理に不備があったのは不徳の致すところ。市政を円滑に進めるため、区切りをつけたい」自身の進退への影響を強気に否定していた4日前から一転、堺市の竹山修身市長は22日、記者会見で深々と頭を下げ、市民や支持者に市政の混乱を招いたことを謝罪した。竹山氏は辞職を決断したきっかけについて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング