JR福知山線脱線事故14年 音楽で伝えたい命の重み 事故後PTSD乗り越えた茶谷友一さん

産経ニュース / 2019年4月24日 22時2分

25日で発生から丸14年となるJR福知山線脱線事故で、5両目に乗車して負傷し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しんだ京都府職員、茶谷友一さん(33)=京都市=は今、仲間とともに音楽を通じて事故を伝えている。PTSDの影響で一時は音楽をやめようとも思ったが、仲間の励ましに支えられてきた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング