「妻がやった」と口裏あわせ 大阪府警刑事部ナンバー2

産経ニュース / 2019年7月12日 22時17分

「妻がやった」。警察官昇任試験の対策問題集をめぐる報酬受領問題で12日、減給の懲戒処分を受けた大阪府警の野田哲治警視正(58)は当初、こう説明し、自身の関与を否定したという。だが、実際は長年にわたり、組織に隠れて現金を受け取っていた。それも多いときで月に約150万、合計で約2千万円という高額。若手警察官らが昇任を目指して購入する問題集を金もうけに利用していた格好で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング