あおり運転の宮崎容疑者 近隣住民「目を合わせないようにしていた」

産経ニュース / 2019年8月17日 22時37分

茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、茨城県警に傷害容疑で指名手配された宮崎文夫容疑者(43)は大阪市東住吉区のマンションのオーナーで、自らも7階に居住していたとみられる。マンションの住民の中には宮崎容疑者の言動を恐れて接触を避けていた人もおり、周囲からは「何かやらかすんじゃないかと思っていた」との声も漏れた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング