【京都アニ事件1カ月(中)】府警「異例」の対応 多様、変化する被害者ニーズ

産経ニュース / 2019年8月18日 18時27分

「今回の事件は極めて重大で、関心も高い。匿名にすると臆測や誤った事実が流れ、亡くなった方の名誉が傷つく。ご要望を聞き取り、報道機関に伝えて実名を伝える。ご遺族にはこのような説明を丁寧に行った」。事件発生から15日後の今月2日、犠牲者の一部の身元を公表した京都府警幹部はこう説明した。35人が死亡、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング