原発処理水「大阪湾で受け入れ」大阪・松井市長

産経ニュース / 2019年9月17日 12時7分

東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水浄化後の処理水の放出をめぐり、大阪市の松井一郎市長は17日、科学的に安全性が証明されれば「大阪湾での放出を受け入れる」との考えを示した。市役所で記者団に語った。処理水は、福島第1原発の敷地内にタンクに入れた状態で保管されているが、3年後には設置スペースがなくなるとされ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング