呼吸器外し再審 検察、早期に幕引き 「違法捜査」争点回避か

産経ニュース / 2019年10月23日 19時52分

再審開始確定後も、西山美香さんの有罪を立証する構えを見せていた検察側が一転、有罪立証を断念し、早期の幕引きを図ることになった。その背景について、井戸謙一弁護団長は「捜査の違法性が争点になるのを避けようとした」と推測する。大阪高裁は平成29年12月の再審開始決定で、捜査段階での西山さんの「呼吸器のチューブを外した」などとする自白に関し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング