緊急事態宣言で暮らしどう変わる?スーパーは、鉄道は、医療は、学校は…

産経ニュース / 2020年4月6日 21時42分

新型コロナウイルスの感染拡大を受け政府が緊急事態宣言を出せば、対象地域の知事は、大型店舗の営業自粛といった対策をとれる。住民は一定の不便を強いられるが、食品や日用品を扱うコンビニエンスストアやスーパー、住民の足となる鉄道などは基本的に営業を継続。暮らしに最低限必要な“社会インフラ”は守られる見通しだ。■スーパーは基本的に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング