緊急事態宣言下の首長選 使い捨て鉛筆9万本、消毒液、換気…選管ピリピリ

産経ニュース / 2020年4月10日 13時2分

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が7都府県に緊急事態宣言を出してから初めてとなる首長選投開票日を12日に控える大阪府茨木市が感染防止対策に追われている。多くの有権者が一度に屋内に集まるため感染リスクが高まる投票所では投票記載台の間隔を広げ、使い捨て鉛筆を大量に用意する。開票作業も密集を避けるため担当職員の数を削減、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング