道路寸断、届かぬ消毒液 避難所はコロナ対策も…募る不安

産経ニュース / 2020年7月4日 22時2分

避難所は「3密」(密閉、密集、密接)になりやすいとされ、熊本や鹿児島の各自治体では、新型コロナウイルスの感染予防を念頭に避難所開設に努めた。一方で、避難所に通じる道路が寸断してマスクや消毒液が届けられないなど、一部で対策が間に合わないケースもあった。「コロナ対策のため、広間では一人一人の間隔をできるだけ保ってください」熊本県芦北町湯浦(ゆのうら)の避難所、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング