政府の緊急事態宣言の対象地域に追加された7府県のうち、大阪、兵庫、京都3府県などで展開するスーパーやコンビニエンスストアは通常通り営業を継続する一方、外食チェーンや百貨店などは自治体の要請に沿って営業時間を短縮する方針だ。ただ今後、時短が長期化するなどすれば、経営への打撃も懸念される。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング