より危険な目的に転用可能なAndroidマルウェアを発見(チェック・ポイント)

ScanNetSecurity / 2019年7月18日 8時0分

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は7月17日、同社の脅威情報部門であるCheckPointResearchが、世界で2,500万台、インドだけで1,500万台のモバイル・デバイスに密かに感染している新たなモバイル・マルウェアを発見したと発表した。映画「マトリックス」にちなみ「AgentSmith」と名付けられたこのマルウェアは、現在は金銭的利益目的の詐欺的な広告表示に使用されているが、はるかに有害性の高い目的にも容易に転用できるとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング