ワーキングホリデーに行ってみたい国・・・1位は日本、中国は圏外 この差は?=中国メディア

サーチナ / 2017年2月17日 8時12分

異国の文化を体験しながら現地で働きキャリアを磨く、ワーキングホリデーの制度は若者の特権だ。日本ワーキング・ホリデー協会によると、現在日本がワーキングホリデー協定を結んでいるのはオーストラリアなど16の国・地域だ。欧米の国が多いが、アジアでは韓国、香港、台湾に行くことができる。残念ながら、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング