写真

中国では「少年強則国強」という言葉が広く知られている。これは清朝末期の政治家であり、ジャーナリストでもあった梁啓超による散文に登場する一節で、「子どもが優れていれば、国も優れる」という意味合いの言葉だ。子どもは国の将来を担う存在であり、子どもたちが優秀であれば、その子たちが成長した時に担う国は優れた存在になるというのは、至極当然のことだと言える。(イメージ写真提供:123RF)

中国では「少年強則国強」という言葉が広く知られている。これは清朝末期の政治家であり、ジャーナリストでもあった梁啓超による散文に登場する一節で、「子どもが優れていれば、国も優れる」という意味合いの言葉だ。子どもは国の将来を担う存在であり、子どもたちが優秀であれば、その子たちが成長した時に担う国は優れた存在になるというのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング