日本の教育は「少年強則国強」だ! 子どもたちの姿を見ると「背筋が凍る思いがする」=中国報道

サーチナ / 2017年10月19日 10時12分

中国では「少年強則国強」という言葉が広く知られている。これは清朝末期の政治家であり、ジャーナリストでもあった梁啓超による散文に登場する一節で、「子どもが優れていれば、国も優れる」という意味合いの言葉だ。子どもは国の将来を担う存在であり、子どもたちが優秀であれば、その子たちが成長した時に担う国は優れた存在になるというのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング