写真

モバイル決済が普及したとはいえ、中国で偽札がなくなったわけではない。今も偽札は流通していて、偽造を行う組織が摘発される事案も発生している。(イメージ写真提供:123RF)

日本で生活しているうえでは、偽札をつかまされる心配はまずないと言えるだろう。偽札そのものを見たことがないという人が大半のはずだ。中国では今でこそモバイル決済が普及し、現金そのものを使用する機会が減ったが、一昔前は高額紙幣のやり取りを行うときは紙幣鑑別機で紙幣の真贋を確認するのが当たり前だった。 モバイル決済が普及したとはいえ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング