歴史は繰り返すのか?中国は日本のように米国に失墜させられるのか=中国メディア

サーチナ / 2018年7月13日 10時12分

1985年のプラザ合意は日本のバブル発生と崩壊、そして、その後の長期低迷の一因になったという見方があるが、米国との貿易戦争が勃発するのではないかと懸念が高まっている中国では「歴史は繰り返すものであり、中国は米国に失墜させられるのか」という懸念もあるようだ。 中国メディアの快資訊は11日、日本のバブル発生からバブル崩壊までの経緯を紹介したうえで、「現在の中国と驚くほど似ている点もある」と伝え、中国は日本の二の舞とならないよう警戒しなければならないと伝えている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング