敗戦国である日本はなぜ「世界の強国」になれたのだろう? =中国メディア

サーチナ / 2018年11月30日 22時12分

日本は太平洋戦争で敗戦し、国土の多くは焼け野原となった。しかし、敗戦からわずか20年ほどで東京五輪を開催し、さらに世界第2位の経済大国となったことは奇跡的な復興と認識されている。中国メディアの今日頭条は21日、敗戦国である日本は今や「世界の強国」であると主張し、日本が世界の強国になれた原因を分析する記事を掲載し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング