写真

日本には世界的なバイクメーカーがあるのに、なぜ、日本ではバイクに乗っている人が少ないのかと、日本を訪れた中国人は不思議に感じるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

日本のバイクメーカーは世界的にも有名だ。しかし、国内の販売台数は1982年の320万台超から減少を続け、2017年は4年ぶりに増加したものの、35万7000台とピーク時の約9分の1となっている。中国メディアの今日頭条は11日、「なぜ日本には大きなバイクメーカーがあるのに、日本ではバイクに乗っている人が少ないのか」と題する記事を掲載した。 記事はまず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング