写真

これまで中国企業が日本の自動車市場を開拓するのに大きな困難があったが、電気自動車の時代は、中国企業にも活躍の余地があるのかもしれない。(イメージ写真提供:123RF)

会津乗合自動車は12日、会津から尾瀬国立公園に入るルートを運行するシャトルバスの出発セレモニーを行った。従来のディーゼル車から中国の自働車メーカーであるBYD社製の電気バスに切り替わったことで、中国からも大きな注目が寄せられた。 中国メディアの汽車市場網は15日、中国にとって日本は飛行機なら3時間で行ける距離にある国だと指摘しつつ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング