写真

昨年、南鳥島沖の深海で1600トン以上のレアアースが見つかった。2022年の産業化に向けて、今年はより精密な調査を進めると伝えた。この埋蔵量は世界需要の数百年分に相当し、中国でも注目されている。(イメージ写真提供:123RF)

様々なハイテク製品に使用されているレアアース。ハイテク産業は日本が得意とする産業であり、その中核をなす製品に広く使用しているため、日本にとってレアアースの確保は重要な問題だ。日本は数年前から、レアアースの調査に力を入れており、南鳥島の周辺に1600万トン超ものレアアースが存在することが明らかになった。中国メディアの今日頭条は7日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング