写真

中国メディアは、世界で第5世代戦闘機を製造できる国は数えるほどしかないのが現状だとし、米国、中国、ロシアの3カ国は、技術はもちろん、第5世代戦闘機を生産するための産業チェーンも保有していると強調した。(イメージ写真提供:123RF)

現在、世界で運用されている戦闘機のうち、最も先進的な戦闘機はF-35などをはじめとする「第5世代戦闘機」だ。さらに先進的な第6世代戦闘機は開発中の国はあっても、まだ完成はしていない。 日本では国産戦闘機の開発に向けて「X-2」による実証試験が行われたことはあるものの、国産の第5世代戦闘機は存在しない。中国メディアの快資訊はこのほど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング