写真

在日中国大使館は、5月の連休で来日観光を計画している中国人観光客を対象に、5項目の注意喚起事項を発表した。(イメージ写真提供:123RF)

中国メディア・中国新聞網は23日、5月1日より始まる中国のメーデー4連休に合わせて日本を訪れる中国人観光客向けに、在日中国大使館が5項目の注意喚起事項を発表したと報じた。 まず1点めは、日本入国には有効期間が6カ月以上残っているパスポートが必要であり、入港前に飛行機チケットの購入証明、ホテルの予約証明を準備し、入国審査時の説明に備えるよう求めた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング