写真

エネルギー資源の有効活用と環境保護の面から急がれるEVの普及だが、中国は自動車が排出する有害汚染物質を段階的に削減していく「国六標準」という国策を打ち出している。(イメージ写真提供:123RF)

中国は世界一の自動車市場として驚異の成長を続けている。特に、ここ数年は電気自動車(EV)の普及が進み、世界で最も多くのEVを保有する国となっている。中国メディアの今日頭条は19日、各国がEVへと大きく舵を切っているのに対し、「日本の自動車メーカーがEVの開発や販売に力を入れていないのはなぜか」と指摘する記事を掲載した。 エネルギー資源の有効活用と環境保護の面から急がれるEVの普及だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング