写真

中国メディアは、中国で「90後」と呼ばれる1990年代以降に生まれた若者たちの記憶には「幼少の頃に見た日本のアニメが鮮明に残っている」。そして、そのアニメとは「スラムダンク」だと指摘した。(イメージ写真提供:123RF)

近年、日本でしか体験できないことを求めて多くの中国人が訪日しているが、「日本ならでは」の体験の1つとして漫画やアニメに登場する舞台となった場所や風景を巡る「聖地巡礼」を上げることができるだろう。 中国メディアの今日頭条は8日、多くの観光客で人気となっている聖地を紹介する記事を掲載し、あまりの人気ぶりに「写真を撮影する旅行客で渋滞が発生するほど」と伝えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング