進展が遅すぎるインド高速鉄道、「日本にとって悪夢の始まりかも」=中国メディア

サーチナ / 2019年6月17日 7時12分

中国メディアの今日頭条は13日、日本がインドで受注した高速鉄道の建設プロジェクトについて、インドでは土地の収用が非常に難しいことを強調し、「日本はインドでさらなるプロジェクトの受注を目指しているようだが、これは悪夢の始まりとなるかもしれない」と主張する記事を掲載した。 中国は共産主義国であり、土地の個人所有は認められていない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング