写真

中国メディアは、アジアにはフィリピン・イラン・韓国というライバルがいるものの、日本男子バスケットボールが中国に対して「牙を剥き出し始めた」と警戒心を示す記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

最新のFIBAランキングによれば、男子バスケットボールのアジアにおける順位はイランが27位、中国が30位、フィリピンが31位、韓国が32位、そして、日本は48位となっている。この順位だけを見れば中国の実力は日本よりもかなり上という印象を受ける。 しかし、中国メディアの捜狐は9日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング