写真

中国メディアは、17日夜に新潟で行われたJ2アルビレックス新潟―ファジアーノ岡山FC戦で、急性白血病の療養のために第一線から離れていたアルビレックスのDF早川史哉選手が3年4カ月ぶりにベンチ入りを果たしたことを伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

中国メディア・東方網は17日、急性白血病を患っていた日本のJリーガーが1210日ぶりの「奇跡の復活」を果たしたと報じた。 記事は、17日夜に新潟で行われたJ2アルビレックス新潟―ファジアーノ岡山FC戦で、急性白血病の療養のために第一線から離れていたアルビレックスのDF早川史哉選手が3年4カ月ぶりにベンチ入りを果たしたことを伝えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング