写真

台湾では、今でも銀行口座の開設や、契約書の署名に際し印鑑が必要になる。さらに、新型コロナウイルスの影響を受けてもこの状況はあまり大きな変化はないようだ。(イメージ写真提供:123RF)

新型コロナウイルスの流行を機に、多くの企業がテレワークに切り替えている。こうした状況の中見直されるようになったのが「印鑑」だ。日本では様々な業務は電子化できても、印鑑についてはやはり現場で押す必要がある。印鑑を押すためだけに、会社に出向く必要がある場合すらあるようだ。現在、印鑑の電子化や、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング