写真

トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】の画像

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 初代の登場は1967年。お抱え運転手が運転することを前提につくられた、国産唯一のショーファーカーが21年ぶりに全面改良された。乗り心地、静粛性などが格段に向上した3代目の魅力を探る。 先代からの外観形状を生かし、剛性や静粛性を高めたボディ。今回の改良でフェンダーミラーからドアミラーに変更された。 世界でも5本の指に入る自動車メーカーが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング