写真

決して順風満帆なわけではない。5月13日の巨人戦では右ふくらはぎに強い張りを訴え、3回途中で緊急降板するアクシデント。だが、大事には至らず、本人も前向きだ。

奇跡の完全復活に向け、松坂大輔がゆっくりと、だが、着実に歩を進めている。 ソフトバンクに加わってからの3年間は先発登板ゼロ。だが、新天地の中日では好投を見せ、日本復帰後初の勝利も挙げた。“平成の怪物”は、長らく苦しめられてきた右肩の痛みをどう克服したのか。 その運命の瞬間をシーズン開幕前に語っていた。 *** 1998年夏の甲子園から始まった、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング