写真

和歌山県警は事件、事故の両面で捜査を進めており、自宅には家宅捜索も入った。死因となった覚醒剤の摂取経緯が焦点となる

自ら「女好きは病気や、死ぬまで治らん」と公言し、交際した美女4000人に貢いだお金は30億円。“紀州のドン・ファン”の異名を取る資産家・野崎幸助氏(77歳)が5月24日夜、和歌山県田辺市の自宅で死亡しているのが発見された。 県警は死因を急性覚醒剤中毒と発表し、生前の野崎氏に覚醒剤の使用歴がなかったことから、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング