写真

「このカードがあれば、タフな対米交渉を乗り切れるというのは、甘い幻想にすぎない」と警告する古賀茂明氏

明日、ベトナム・ハノイで開催される閣僚会合で早期発効への一致を目指す、米国抜きの環太平洋連携協定「TPP11(イレブン)」。 日米交渉の有利なカードとして期待が高まる中、『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、これは不発に終わるだろうと予測する。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング