写真

「委員会質疑における“大臣縛り”の慣例を解消することが大切」と語る池田和隆氏

元・大臣秘書官の池田和隆氏が、政界のタブーと既得権益に斬り込む『週刊プレイボーイ』本誌の連載コラム「池田和隆の政界斬鉄剣!!!」。 現在、国会の各委員会における質問時間の配分をめぐり、与野党が対立している。マスコミは、野党の質問時間を減らそうという自民党の主張を批判するが、池田氏は「与党の質問時間を増やしたほうが国民の利益になる」と語る!その意外な理由とは―? *** 池田「国会の各委員会における政党の質問時間の配分を変更しようという与党の動きに対し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング