写真

(Youssouf Cader/Hemera/Thinkstock)

20日、東京地裁は、銀行から巨額の融資金をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた旅行会社「てるみくらぶ」の社長、山田千賀子被告(68)に、懲役6年(求刑8年)の判決を言い渡した。世間を騒がせた事件のその後の展開に、ネット上では様々な声が出ている。■虚偽の決算書で大金を騙し取る「産経ニュース」によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング