写真

(Milatas/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

9日から11日の3日間、NHKが「受信料と公共放送についてご理解いただくために」という番組を放送。解説委員が放送法第64条「受信設備を設置した者は協会(NHK)と契約しなければならない」などを読み上げ、制度の正当性を主張した。これは「テレビを設置しただけで支払い義務発生」する制度に不満を持つ人々の声が高まったことを受けての措置だと推測されている。■NHKの受信料徴収制度をどう思う?NHKは放送法を根拠に「公共放送でしかできない役割」などと主張しているが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング