写真

(PraewBlackWhile/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

学校に到着する時間が遅れてしまったせいで、「罰として校庭を走って来い」と命じられた少年がいる。その命令に応じ必死に走っていた少年は、校庭でいきなり意識を失い倒れてしまった。■学校に遅刻した少年10月1日のこと、インドネシアで暮らしていた14歳の少年が登校するも25分も遅刻してしまった。少年、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング