国民民主・玉木代表に接近し野党分断に成功? 女帝・小池知事のしたたかさ

しらべぇ / 2020年6月4日 10時0分

雌狐(めすぎつね)とでも表すれば良いのだろうか。もちろん、小池百合子都知事のことだ。ここで彼女の都知事としての足跡を振り返ろう。■都知事選圧勝で新党結成2016年6月に会見を開き「清水の舞台から飛び降りる覚悟で」と出馬表明した彼女は自民党の推薦を得ずに、自民党・公明党の推薦候補と闘い都知事の座を勝ち取った。次に2017年6月の都議会議員選挙では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング