バレンシア指揮官、「レアルは力が落ちた」発言を釈明…「批判の意図なし」

サッカーキング / 2017年12月8日 9時19分

バレンシアを率いるマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が7日、レアル・マドリードに対する自身の発言について釈明した。同日付のスペイン紙『アス』が伝えている。 マルセリーノ監督は4日、スペインのラジオ局『ラジオ・マルカ』のインタビューで、「今シーズンのレアル・マドリードは、昨シーズンより力が落ちていると思う」と発言していた。バレンシアはリーガ・エスパニョーラ第14節を終了して、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング