「時間はかかっているけど」…約3年“出場なし”の植田直通が前を向く理由

サッカーキング / 2017年12月11日 21時9分

日本代表に招集されて約3年が経とうとしている。植田直通(鹿島アントラーズ)のことだ。 9日に行われたEAFFE-1サッカー選手権の朝鮮民主主義人民共和国戦、植田はベンチから試合を見守った。3年間での代表キャップ数はゼロ。悔しさは募るばかりだが、23歳のDFは前を向く。 第2戦の相手は高さを兼ね備えている中国。「自分にはもってこいの相手」と話す植田はフィジカルに優れ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング