写真

8月23日の神戸戦が現役ラストマッチとなるF・トーレス [写真]=Getty Images

21日に18年間の現役生活に終止符を打つことを宣言した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)がインタビューに答えた。24日、スペイン紙『アス』が報じた。 ■現役引退を決断した経緯 「熟慮の上での決断だ。チームメイトたちが下す同じような決断は僕を苦しめた。スティーヴン・ジェラードが引退したときのことを思い出すね。『これで終わりなんだ。ともにプレーしたことを楽しんだ彼のプレーはこれ以上見ることはできないんだ』と残念な思いだったよ。(引退の決断は)多くのものを“はかり”にかけて、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング