宇宙に出来た空間の裂け目の様な天体は、地球から約3000万光年離れたアンドロメダ座の方向にある渦巻銀河「NGC891」です。 直径約10万光年ある「NGC891」は、我々の視点ではほぼ真横から見え、その姿は地球から天の川の中心を観測した姿によく似ています。この画像からは、平で薄い銀河円盤と中央のバルジに対し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング