今年の5月、天の川銀河の中心に存在が確実視されている超大質量ブラックホール「いて座A*(エースター)」が過去最大級の増光を示したことを、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の天文学者TuanDo氏らの研究チームが明らかにしました。 AstrophysicalJournalLettersに受理された研究論文は、8月7日付でプレプリントがarXivに登録されています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング