アメリカのハーバード・スミソニアン天体物理学センターは8月15日、2016年に発見された超新星爆発「SN2016iet」に関するSebastianGomez氏らの研究成果を発表しました。研究内容は論文にまとめられ、同日付でTheAstrophysicalJournalに掲載されています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング