コロラド大学ボルダー校は8月12日、誕生したばかりの地球や月などへ数多くの天体が衝突したとする太陽系初期の「後期重爆撃期」に見直しを迫るStephenMojzsis氏らの研究成果を発表しました。研究内容は論文にまとめられ、同日付でTheAstrophysicalJournalに掲載されています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング