観測技術の進歩によって宇宙初期の様子が少しずつ明らかになりつつありますが、未解明の謎も残されています。宇宙で最初に誕生した世代の星「初代星」(ファーストスター)を「ハッブル」宇宙望遠鏡を使って探したところ、その証拠を見つけることができなかったとする研究成果が発表されています。 ■ビッグバンから数えて5億年~10億年の宇宙に初代星の証拠は見つからず ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された銀河団「MACSJ0416」(Credit:NASA,ESAandM.Montes(UniversityofNewSouthWales)) 初期の宇宙には水素などのように軽い元素しか存在しておらず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング