写真

シンクタンク「日本の構造研究所」代表の中田宏氏は「そもそも固定電話にかける情勢調査自体、お年寄りの割合が大きい。実際に投票所に行く人たちもお年寄りが多いので、ある意味正確な数字とは言えるが、やはり、サンプルに偏りがあるので情勢調査の数字がすべてとは言えない」と話す

「自民単独過半数の勢い希望伸び悩み」(読売新聞)、「自民堅調希望伸びず」(朝日新聞)、「自公300超うかがう希望伸び悩み」(毎日新聞) 衆院選公示3日目に当たる10月12日、全国紙は「選挙戦序盤」の情勢調査を一斉に報じた。その後、22日の投開票日に向けて、「中盤」と「終盤」にもそれぞれ調査結果を発表。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング